免許取得のサポートなどのキャリアアップ制度があるか

キャリアアップ制度とは?

キャリアアップ制度とは様々な企業が取り入れている制度ですが、タクシードライバーやトラックドライバーなどに適用しているケースが多いです。タクシードライバーやトラックドライバーとして働くためには、それぞれ二種免許や中型免許、大型免許が必要になります。ドライバーとして働きたいと希望しても免許を所持していなければ働くことができません。免許を取得するためには時間も費用もかかるため、ドライバーになることをあきらめるケースもあります。このようなケースを受けて、ドライバーの人材を確保したい企業はキャリアアップ制度として、入社後に免許取得のサポートを始めました。

採用時に免許がなくても、入社後に企業の援助を受けて免許を取得できる仕組みです。この制度によって企業は必要な人材を確保し、ドライバー希望者は未経験でもドライバーを目指せるというメリットがあります。

キャリアアップ制度の活用方法

二種免許や大型免許がないためにドライバーの求人条件を満たすことができないことがあります。免許を取得してから改めてドライバーの求人を探すという方法もありますが、就職するまで時間がかかるため、その間の収入などが不安になる人が多いです。その場合にはキャリアアップ制度を導入している企業を探してみましょう。キャリアアップ制度によって、働くために必要な免許の費用をバックアップしてもらえます。免許取得にかかる費用の一部を負担したり、全額負担したりとバックアップの方法は企業によって異なりますので事前に確認することが重要です。

未経験がネックでドライバーへの就職や転職を迷っている場合には、キャリアアップ制度の活用するのも賢い方法です。